結婚式!何から始めたらいいの?

式場選びからスタート

結婚式を挙げることが決まったら、まずは結婚式場をどこにするか決めましょう。日本国内なのか海外なのか、国内でも自宅周辺なのかリゾート地なのか、選択肢があります。予算や仕事と相談で、どの式場で挙げるのかを考えます。たいていは家の近くの結婚式場を選ぶケースが多いです。ゴージャスに挙げたいというのなら、海外もアリでしょう。
挙式の日取りも早めに決めておきたいところです。大安や休みの日、6月や10月の結婚式場は人気で、希望の日や時間で予約が取れないことがあります。人気のところなら1年も前から予約が入っている場合も。思い入れのある日に式を挙げたいのなら、早めの行動が肝心です。日付とどれぐらいのゲストの数を呼ぶのかを想定し、結婚式場に連絡しましょう。


ゲストに招待状を出そう

結婚式の準備で早めに取り掛かることの1つが、招待状の作成です。ゲストのお宅へ招待状を送ります。直接会える距離にいる会社の人や友人、親せきには手渡しをしても喜ばれます。招待状を渡してから1ヶ月以内に返信のハガキを返してもらうように手配しましょう。
何人のゲストが結婚式の参列してくれるのかで、式場の広さや料理の数、引き出物の数が決まります。招待する人数に合わせ、結婚式の全体の予算が変わります。親せきや会社関係の人はどこまで呼ぶのか、友達は何人呼ぶのか、新郎・新婦でお互いに合わせるのが一般的です。
招待状のように、ゲストに振る舞われるものはあまり節約しないほうが良いでしょう。料理やドリンク、引き出物はできるだけゲストをおもてなしする心を表現したいものです。

結婚式場の場合、内容や料金などが異なるプランが豊富に存在しているため、希望条件を考慮しながら最適なプランを選択できます。