結婚式のマナーちゃんと知ってる?

ご祝儀についてのマナー

結婚式に招待されたら、ご祝儀を持参するのが一般的です。このご祝儀にはいくつかのマナーがあります。まず、金額に具体的な決まりはありませんが、新郎新婦との関係が深いほど高額になるのが基本です。新郎新婦が友人あるいは同僚なら3万円程度、兄弟(姉妹)なら5万~10万円が目安です。また、祝儀袋は「のし」と水引がついたものを選びます。水引は、結び切り(あわじ結び)のものを選びましょう。蝶結びのものもありますが、結婚式には不適切です。さらに、ご祝儀の金額に合わせて祝儀袋のグレードを上げるのが基本です。3万円程度ならシンプルなものでかまいませんが、より多くの金額を包むなら豪華な祝儀袋を選びましょう。祝儀袋のパッケージに目安となる金額が書かれている場合もあるので参考にしてください。


結婚式当日についてのマナー

結婚式当日を迎えたら、遅刻しないように早めの行動を心がけましょう。仮に体調不良などで当日になって欠席を決めた場合は結婚式場に連絡します。会場には受付がありますので、そこで自分の氏名を記帳し、ご祝儀もここで渡すのが一般的です。控え室に入ったら、静かに周囲の人と懇談しましょう。結婚式(披露宴)の途中で離席せずにすむように、お手洗いに行っておくとよいでしょう。披露宴では、同じテーブルに座るメンバーが知人だけとは限りません。ある程度会話ができればベストですが、会話が苦手な人の場合、最初と最後のあいさつだけは欠かさないようにしましょう。新郎新婦の写真を撮影したいかもしれませんが、披露宴の進行を遅らせるタイミングやスピーチ中の撮影は慎んでください。

ブライダルフェアを東京で申し込むことで、顧客への対応が優れている式場のプランの内容や料金を上手く比較することができます。